どれが自分たちに合ってる?挙式のスタイル

やっぱり定番!キリスト教式

キリスト教式は教会式とも言われ、その名の通り教会で式を挙げるスタイルです。挙式と聞いてまず思い浮かべるのがこのキリスト教式の方も多いと思います。キリスト教信者でなくても、ホテルやゲストハウスに備え付けのチャペルで行える会場が増えたので、現在ではそれだけポピュラーになりました。信者でない場合はプロテスタント式になりますが、町のカトリック教会で式を挙げたい場合は、事前のミサや講座に参加すれば行ってくれる教会もあります。聖歌隊による生演奏や歌は厳かな気持ちになります。ゲストをたくさん呼べるのも魅力ですね。

伝統を重んじるカップルに!神前式

日本で古来からとり行われてきた神前式。神道がベースなので神社で行いますが、神殿があるホテルや式場では斎主や巫女さんが出向いて、神前式を行ってくれます。もとは、親族のみ参加できる式でしたが、最近ではスペース次第では友人参加もOKという会場もあるようです。神前式のメリットとしては、花嫁さんが白無垢を着られること、キリスト教式より費用が安いことが挙げられます。白無垢は神前式でしか着られませんし、白無垢+綿帽子の組み合わせは、式中のみ許された衣装です。(式後に披露宴がある場合は綿帽子は取らなければなりません)費用の平均としては約5万円ほどで、三管演奏を頼む場合はもう少しかかりますが、何かと出費の多い結婚式においては嬉しいですよね。

やりたいことをやっちゃおう!人前式

人前式は形式や宗教に関わらずに、参列者に結婚の証人となってもらうスタイルです。神や仏に結婚を誓うものではないので、決まった形式ややらなければならない儀式はありません。会場の許可を取れれば、ホテルやガーデン、2人の出会った学校や職場などで行うこともできます。宣誓文も自分たちで考えられますので、「これからは寝坊しません」なんて誓いでゲストを笑わせてもいいですし、サプライズで親友に署名を頼むのもおもしろいかもしれません。ただ、進行役が必要なので司会ができる友人に頼むか、プロにお願いするかしましょう。

神戸の結婚式場を探すには専門サイトで地域を選択します。必要条件を入力すると希望にあった式場が表示されます。問い合わせてみましょう。