少人数の結婚式で家族みんなの絆を深めよう!!

少人数の結婚式って??

これから夫婦になる2人の最初の共同作業でもある結婚式。そんな結婚式ですが、最近では少人数でアットホームな雰囲気で結婚式を行いたいというカップルが増えています。少人数の結婚式の中でも人気があるのが「家族婚」。両親や兄弟たちだけを招待して結婚式を挙げるのです。両家の家族が一同に集まり、両家の絆を深められるチャンスにもなります。また、結婚するとなかなか家族そろって何かをするということが難しくなってくることもあるので、家族でのいい思い出にもなるでしょう。

家族婚ってどうやって行うの??

家族婚は一般的に2種類のパターンに分けられます。1つは挙式だけを行うというもの。もう1つは挙式と食事会を行うというものです。挙式は一般的な結婚式と同じで、進行役がいて流れに沿って行われます。結婚式に家族が集まったのに挙式だけで終了というのは残念という場合は挙式の後に食事会を設けるのがいいでしょう。食事会はフレンチのフルコースや和食懐石のコースなどが一般的ですが、結婚式という概念にこだわらず、結婚する2人らしい食事会にするのがよいでしょう。

家族婚、これだけは気をつけよう!!

いくら家族だけだからといっても、家族婚も立派な結婚式です。家族婚の自由なスタイルが通用するとはいえ、楽しいだけで終わっては意味がありません。結婚式はこれから家庭を築いていく2人の証明の場でもあります。楽しい中にも、しっかりとこれからの決意と家族への感謝を伝える必要があります。そこで初めて両親をはじめとした家族が安心できるのではないでしょうか。きちんとした挨拶を含め、アットホームな雰囲気で、これからの家族のつながりがスタートする素敵な家族婚が挙げられるといいですね。

少人数での結婚式は、大勢が参加する結婚式に比べて新郎新婦と参列者の距離が近く、身内や仲の良い知り合いを呼ぶなどアットホームな式をしたい方に向いています。