少人数結婚式で、本当に親しい人たちだけで幸せを分かち合おう!

そもそも少人数結婚式って?

最近テレビや雑誌などでも、たびたび紹介されているので気になっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そもそも、少人数結婚式とは新郎新婦の親族や、本当に親しい友達だけでおこなうウェディングのことです。普通は40人以下の招待客でおこなうことが多いですが、新郎新婦とその親族だけの10名ほどでおこなう場合も多くあります。アットホームなウェディングにしたい方などに、とても人気がある結婚式のおこない方です。

少人数で結婚式をおこなうメリットは?

では、少人数で結婚式をすると何かいいことはあるのでしょうか。まず、少人数でおこなうため準備の期間が短く済んでしまいます。一般的な結婚式では半年から一年くらい準備が必要ですが、普通は三か月くらいで準備が完了してしまうのです。また、準備することが少ないので費用が安く済んでしまうことも利点です。なにより、本当に親しい人たちと結婚式をおこなうので暖かくて楽しい雰囲気を味わえます。なので、普段言えないような感謝の言葉を言うことができるでしょう。

少人数の結婚式だからこそ!

大人数の結婚式ではできない、少人数の結婚式だからこそできてしまうこともたくさんあります。たとえば、大人数では一つ一つのテーブルをまわることはなかなか難しいですが、少人数の場合は一つ一つのテーブルをゆっくりまわることができてしまうのです。また、ゲストの人数が少ないので、一人一人とじっくり話をすることもできてしまいますね。このように見ると、少人数での結婚式も魅力がたっぷりあり、新しい結婚式の形であるといえるでしょう。

少人数の結婚式なら神戸で行うことを検討しているならば、問題は場所です。少人数の場合、小さなレストランでも可能なので、知り合いの店という選択肢もあります。