婚約指輪は買うべき?相場は?本当に喜ばれる婚約指輪とは

婚約指輪は必須?相場はどれくらいなの?

婚約指輪の相場は月収の3ヶ月分、という話を子供の頃何となく聞いたことがある気がしますが、実は1970年代の相場の話だそうです。さて、G現代では実際のところは20万円~40万円あたりが妥当な価格帯、というところでしょうか。職種や勤続年数にはよりますがおおよそ給料一ヶ月分。法外な値段じゃなくて良かった・・・とはいえ決して安い買い物ではないので失敗はしたくないですよね。デザインや種類、価格など様々な選択肢がある婚約指輪、「婚約の印」として是非とも思い出に残る指輪を贈りたいものです。

「僕と結婚してください!!」サプライズの是非?!

高級レストランでの食事の場面、一目であれと分かるケースを出してきて「結婚してください」というサプライズ。実際どれぐらいの人があのようなプロポーズをしているのか分からずじまいですが、実際のところ彼女に内緒で婚約指輪を買う事自体ハードルもリスクもあります。指輪においてまず一番最初に確認すべきこと、そう、サイズです。正確なサイズが把握できているなら良いのですが、せっかく買ったのに嵌めてみたらサイズが合わずさっそくショップでリサイズ・・・ちょっと切ないですね。あとは、二人の金銭感覚も重要です。結婚生活が始まるということは家計を同じくする、ということです。今までのように自分のお金で少し頑張って素敵なプレゼントを買って喜んでもらう、という生活とは違うのです。何にお金をかけたくてどこは削っていきたいのか。「こんな高いものじゃなくて良かったのに」と思われてしまうののも悲しいですね。婚約指輪は欲しいのか、どれくらいの予算で考えておけば良いのか、ダイヤモンドか誕生石がいいのか、結婚指輪と揃いのデザインにしたいか、など実際に購入を決める前に彼女と話してリサーチしておけると良いかと思います。

指輪にこだわらない?ベストな贈り物を

さて、婚約「指輪」ということで話をしてきましたが、実は婚約の印に贈るものは必ずしも「指輪」にこだわる必要はないんです。職業によっては指輪を始めとしたアクセサリー類は身につけられないこともありますし、そもそもそういった装飾品にあまり興味がない女性もいます。金銭感覚も人それぞれです。たまにしか付けられない婚約指輪より、普段から身に付けられる時計やシンプルなネックレスがいいわ、という女性もいれば、同じお金を使うなら海外旅行に二人でいって思い出をつくりたい、というアクティブな女性もいることでしょう。指輪、という形にこだわらず常識に縛られず、前節でも述べたように彼女の嗜好や考えをよくリサーチして、最高の「婚約の印」を贈れるようにしましょう。

婚約指輪とは結婚を申し込む際に男性から女性へプレゼントする指輪の事を指します。ダイヤモンドをあしらったものが多いです。