サイズがまちまちな集合写真を上手に収納する方法!

収納が困難!大きな集合写真

子どもの成長と共に増えていく写真、あなたはどのように整理していますか。デジカメで撮った写真の場合は、撮ったものの中から気に入ったものを選び、プリントするというのがスタンダードな方法のようですが、他にもフォトブックにしたり、データで残しているなど、自分たちに合った方法で保管されていると思います。しかし、その保管の際に頭を悩ませるのが、学校などから渡される集合写真です。通常、2L以上の大きなサイズの写真ですし、その時々によって大きさも違います。昔ながらの大きなアルバムに貼りつけていくのなら問題ないのですが、ポケット式のアルバムの場合には困ってしまいます。どのようにすれば上手に収納できるのでしょうか。

ポケット式のアルバムに収納する方法

では、まず写真を入れる場所をいつものアルバムにする方法を考えていきましょう。最近のアルバムの主流はポケット式で縦に3枚の写真が並ぶものがよく販売されています。このアルバムに集合写真を収納するには、昔からある「フォトコーナー」というアイテムを使いましょう。フォトコーナーは写真の角につけてアルバムに貼りつけるためのシールですが、これを集合写真につけて、いつものアルバムのポケットの上に貼りつけてしまうのです。こうすれば集合写真を別に保管せずに、いつものアルバムに収納することができます。写真の汚れが気になる場合はフォトコーナーで貼りつける前にセロファンの袋に入れたりしてカバーしておくのも良い方法です。

別のアルバムを用意した方がいい場合とは?

しかし、習い事の発表会やスポーツの大会などで集合写真を撮る機会が多い方の場合は、フォトコーナーを使う方法をとると、アルバムが分厚くなり、写真が外れるなどの不具合も起こりやすくなりますので、別の方法をとる方が良いでしょう。できれば、集合写真専用のアルバムを作ることをおすすめします。通常の集合写真であれば、大きくてもB5サイズを超えることはないと思いますので、それぐらいの写真が入れられるアルバムを探したり、省スペースの収納を考えるのであれば、ポケットファイルを活用してみてもいいのではないでしょうか。

スクールフォトではインターネットで子どもの学校行事の写真が購入できます。いつでも見ることができ、遠くに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんもお孫さんの写真を見ながら購入することができます。